日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

気剤

 

漢方方剤の分類で、気の衰え、停滞、上衝などを改善する処方を気剤という。漢方医学において気血水の考え方は非常に重要であり、特に大きな意味での「気」は生命活動における根本的エネルギーにあたる。気に関する病態には、気虚(気の不足)、気滞(気の停滞)、気逆(気の逆流、上衝)がある。気虚を改善する代表的な漢方処方には、人参湯類参耆剤(じんぎざい)の項でとりあげた人参湯や四君子湯(しくんしとう)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)があげられる。気を巡らして気滞を治療する代表的な処方としては、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)や香蘇散(こうそさん)があり、前者は梅核気(ばいかくき)を主症とする多くの神経質症に適応し、後者は半夏厚朴湯より虚証のタイプに用いられる。気逆は、気が頭部に逆流した状態(気の上衝)で、発作性の冷え、のぼせ、動悸頭痛めまい、不安や焦燥感などの症状を呈する。気逆に対する代表的な処方としては、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)や桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいかこりゅうこつぼれいとう)などがある。(2007.10.11 掲載)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan