日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

機能性食品因子

 

1984年に世界に先駆けて日本でスタートした「食品の機能性」に関する研究とは,「栄養機能」である1次機能,「感覚機能」の2次機能に加えて,新たな機能として3次機能,すなわち「生理生体調節機能」に着目したものである.この概念は,世界的にも「ファンクショナルフーズ」として認知され,3次機能に重要な役割を果たす食品因子(フードファクター)は,従来「非栄養素」と呼ばれた成分であまり注目されていなかったが,現在は「機能性食品因子」として世界的な注目を集め,研究交流の場として「日本フードファクター学会」(http://www.jsoff.com/)が創設され,また「機能性食品因子」のデータベースも構築されている(http://www.life-science.jp/FFF/index.jsp).(2007.6.11 掲載)[FYI用語解説(ファルマシアVol.43,No.1)より転載]


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan