日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

桂枝湯類

 

けいしとうるい、Keishito group

漢方処方の分類で、「桂皮」が主薬である桂枝湯(けいしとう)(桂皮、芍薬、生姜、大棗、甘草)を基本とした処方群である。病態に応じて桂枝湯に他の生薬を加減することで、その治療に幅を持たせている。桂枝湯類の代表的な処方を表に示す。桂枝湯は、「傷寒論」の最初に出てくる太陽病虚証に用いる重要な処方である。その適応は、悪寒、悪風、頭痛発熱があり、汗が出ている状態に用いると記載されており、熱病初期の薬剤であることを示している。体力的に虚弱で消化機能が弱く、頻繁に風邪を引く傾向の人に適している。桂枝湯の芍薬(しゃくやく)を増量した桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)は、虚弱な人の腹痛下痢便秘などに用いる。これに膠飴(こうい)(餅米を蒸し麦芽で糖化したもの)を加えた小建中湯(しょうけんちゅうとう)は、腹部の緊張を緩め、胃腸の機能を調える働きが出るため、虚弱体質の改善や疲労回復に用いられる。桂枝湯に竜骨(りゅうこつ)と牡蛎(ぼれい)を加味した桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)は、やせていて顔色が悪く、神経過敏で疲労感を訴える人の精神不安に用い、また、朮(じゅつ)と附子(ぶし)を加味した桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)は、麻黄剤では強すぎて飲めない虚証の人の神経痛、関節痛、関節リウマチなどに適応する。なお、葛根湯(かっこんとう)は桂枝湯の構成生薬に麻黄(まおう)と葛根(かっこん)を加味したもので、主薬が桂皮から葛根と麻黄に変わることにより、体力が充実していて無汗な人の風邪の初期に用い、麻黄剤の関連処方に分類される。

(2007.10.11 掲載)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan