日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

核移行シグナル

 

NLS, nuclear localization signal

核移行シグナル(NLS)とは,細胞内で合成され核に移送されるべきタンパク質の1次構造中に存在する,塩基性アミノ酸のリジンとアルギニン残基が数個集まった領域のことである.ポリペプチド鎖の端ではなく中にあり,複数存在することもある.SV 40 T 抗原(PKKKRKV),c-myc(PAAKRVKLD),p53(PQPKKKP),NF-κBp50(QRKRQK)などがある.核内移送にはNLSに運搬タンパク質であるインポーチンとGTP結合タンパク質の1種であるRanが結合し,核孔複合体が認識して通過させる.ミトコンドリアなどの他の細胞内小器官への選択的タンパク質移送にも,同様の特徴的アミノ酸配列による移送がある.(2007.3.22 掲載)[FYI用語解説(ファルマシアVol.42,No.6)より転載]


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan