日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

柴胡剤

 

さいこざい、Bupleurum Root drug

漢方処方の分類で、「柴胡(さいこ」と「黄芩(おうごん)」の二味を主薬とする処方群を柴胡剤という。熱性疾患が少陽病期になると、胸部、胸脇部、心窩部にかけての、いわゆる半表半裏(はんぴょうはんり)の部分に炎症が生じる。柴胡剤はこの時期に使用する薬方で、往来寒熱(おうらいかんねつ)、胸脇苦満(きょうきょうくまん)を中心に、口苦、悪心、食欲不振、めまいなどの諸症状に用いる。代表的な柴胡剤に、小柴胡湯(しょうさいことう)、大柴胡湯(だいさいことう)、柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)などがあり、胸脇部や心下部の脹満の程度により虚実を決定し、使い分ける。小柴胡湯は体力が中程度の人に、大柴胡湯は体力が充実していて便秘傾向である人に用いる。柴胡桂枝湯はやや虚弱で、小柴胡湯の適応症状がありかつ頭痛、悪寒の残っている人に、柴胡桂枝乾姜湯はさらに虚弱で全身倦怠のある人に用いる。柴胡加竜骨牡蛎湯は体力が中程度以上の人の精神不安、不眠などの精神症状の改善に用いる。なお、小柴胡湯と大柴胡湯の中間証に用いられる四逆散(しぎゃくさん)(柴胡、芍薬、枳実、甘草)は、黄芩が含まれていないが柴胡剤に分類する。

(2007.10.11 掲載)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan