日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

暑邪

 

漢方医学における六淫(りくいん、外部からの疾病の原因)の1つで、暑邪(しょじゃ)は、高熱、顔面紅潮、大量発汗、口渇などの激しい熱症状を起こす。現代の日射病や熱射病の範疇であり、またウイルス性疾患などでも見られる。津液(しんえき、体内の活性のある正常な体液)を消耗させると気も一緒に漏れ出るために、気短(呼吸が短くとぎれる)や乏力(気力が萎える)などの症状を起こし、脱水症状と伴に重症では意識不明にまで陥ることがある。(2008.4.14 掲載)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan