日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

放射性同位体

 

放射性同位元素、ラジオアイソトープ

同じ元素(同じ原子番号をもつ)のうち,質量数が異なる(したがって,陽子数が同じで中性子数が異なる)ものを同位元素といい,このうち放射性壊変により放射線を放出して別の元素に変わる同位元素.たとえば,天然に存在する原子番号19のカリウムは質量数が39,40および41の3種類の同位体が存在する.このうち39Kと41Kは放射性壊変を行わない安定元素であるが,カリウム中に0.012%の割合で存在する40Kは1.25×109年の半減期で放射線を放出してアルゴンとカルシウムへと壊変する放射性同位元素である.(2005.10.25 掲載) (2009.1.16 改訂)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan