日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

推定エネルギー必要量

 

estimated energy requirement

「日本人の食事摂取基準」において、当該集団に属するヒトのエネルギー収支が適切である確率がもっとも高くなると推定される1日のエネルギー必要量と定義される。エネルギーについてはほかの栄養素とは異なり、それより多くても少なくても過剰または不足による健康リスクが高くなるので、両者がもっとも小さくなる摂取量である。身体活動レベルを、低い(I)、ふつう(II)、高い(III)の3段階に区分し、成人の場合には推定エネルギー必要量は、性・年齢別基礎代謝基準値に基準体重と身体活動レベルを乗じた値となる。また、成長期である乳児、小児に関しては成長に必要なエネルギーを、妊婦、授乳婦については胎児の成長と授乳のために要するエネルギー消費量をそれぞれ加えて、推定エネルギー必要量としている。(2005.10.25 掲載) (2009.1.16 改訂)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan