日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

抗インフルエンザ薬

 

anti-influenza virus drugs

インフルエンザの予防には一般的に、流行前のワクチン接種が行われる。これとは別に、抗インフルエンザウイルス薬として、アマンタジン(商品名シンメトレルなど),ザナミビル(商品名リレンザ)、リン酸オセルタミビル(商品名タミフル)が使用されている。 アマンタジンは、パーキンソン症候群治療薬であるが,A型インフルエンザウイルスのM2タンパクに作用し,ウイルス遺伝子が細胞内に送り込まれるのを阻止するため,A型インフルエンザにのみ有効な治療薬としても用いられる。

ザナミビルとリン酸オセルタミビルはウイルス表面に存在するインフルエンザウイルス細胞から細胞へ感染、伝播していくために不可欠なノイラミニダーゼを阻害するため,A、B型のインフルエンザウイルスに有効である。ザナミビルは吸入で、リン酸オセルタミビルは内服で使用する。発症後48時間以内に使用することにより、合併症のないインフルエンザでの罹病期間を短縮することが確認されている。また,予防にも用いられる。しかし,因果関係は不明であるが,小児・未成年者に投与した場合,異常行動発現の恐れがある。抗ウイルス薬の投与がA型又はB型インフルエンザウイルス感染症の全ての患者に対しては必須ではないことを踏まえ、患者の状態を十分観察した上で、使用の必要性を検討しなければならない。(2005.10.25 掲載)(2009.11.13 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan