日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

打錠用の顆粒

 

 顆粒の製造法の一つとして,核となる粒子を中心に種々の機能を持った異なる層を積層する方法がある.中心の粒を核顆粒と言い,通常,粒状の乳糖やセルロースなどが用いられる.例として,ムコソルバンL錠で用いている小型化顆粒の場合,①核顆粒を中心に,②主薬の入った主薬層,③その主薬を徐々に放出させるための放出制御膜,④打錠時の圧縮に対して顆粒の形を維持するための緩衝膜,⑤錠剤化しやすくするための添加剤を被膜した圧縮成形層の順に積層させることにより製造されている.(2017.4.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan