日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

帰結

 

outcome、アウトカム

治療的介入あるいは危険因子への曝露の及ぼす影響のことであり、臨床的アウトカム、患者立脚型アウトカム、経済的アウトカム、に分類される。

(1)臨床的アウトカムは、各種検査値の改善度を示す。罹患率・死亡率・生存率、合併症の発生率、緊急入院の発生率などの客観的評価である。万人に共通の指標であり、異なる群間の比較や,異なる治療介入による効果の比較に活用しやすい

(2) 患者立脚型アウトカムは、患者の主観的な評価指標を重要視している。健康関連QOL生活の質)の向上、主観的な健康状況、治療に対する満足度などを含む。急速に進む高齢化と急性疾患・慢性疾患の増大により,近年これが重視されるようになってきた。

(3)経済的アウトカムは総コストや利用率、対費用効果等をさす。

(2008.1.17 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan