日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

局所麻酔薬

 

local anesthetics

 知覚神経の伝導を抑制し、意識や反射機能を消失させること無く、目的とする部分にのみ無痛を生じさせる薬物。局所麻酔薬は知覚神経、自律神経、運動神経のいずれの神経伝導も抑制するが、無髄神経は有髄神経より抑制されやすく、また径の細い神経ほど感受性が高い。表面麻酔、浸潤麻酔、硬膜外麻酔、脊髄麻酔、などに用いられる。局所麻酔薬は電依存性Na+チャネルを阻害し、膜のNa+透過性を抑制することにより、神経の興奮性を低下させる。代表的な局所麻酔薬には、プロカイン、メピバカイン、リドカインがある。(2005.10.25 掲載) (2009.8.12 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan