日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

尿崩症

 

diabetes insipidus

口渇、多飲、低張多尿を主徴とする疾患。抗利尿ホルモン(バソプレシン;ADH)の合成・分泌に関係する視床下部・下垂体後葉の障害による中枢性尿崩症と、腎尿細管での抗利尿ホルモンの反応低下による腎性尿崩症とに大別される。抗利尿ホルモンバソプレシンは視床下部で合成され、下垂体後葉に貯蔵されている。血中に放出されると腎臓の尿細管上皮細胞で水の再吸収を促進し、水分排泄を抑制・尿の濃縮を行う。中枢性尿崩症の原因としては、視床下部や下垂体の手術による損傷、脳の外傷、腫瘍などがある。腎性尿崩症遺伝的なADH受容体異常によるものが知られている。中枢性尿崩症治療薬として、デスモプレシン、バソプレシン、腎性尿崩症治療薬としてヒドロクロロチアジドがある。(2006.2.8 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan