日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

尿ケトン体

 

 尿中のケトン体(アセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸)のことであり、尿試験紙により家庭でも検査できる。ケトン体は脂肪の分解により肝臓で作られ、血液中に放出される。腎臓の障害が無ければケトン体は血中よりも尿中の濃度の方が高く、軽症のケトーシスでは尿のみにケトン体が出現し、重症になると、血中、尿中共に多量のケトン体が出現するようになる。糖尿病患者の場合、尿ケトン体が陽性ならば管理状態は不良とされる。(2005.12.15 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan