日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

多発性硬化症

 

Multiple Sclerosis (MS)

中枢神経系の炎症性脱髄疾患の一つ。ウイルスあるいは何らかの未知の抗原が引き金となり、神経髄鞘に自己免疫反応がおこり、眼、脳、脊髄でミエリンの破壊、髄鞘・神経線維の損傷を生じている。20-40歳の間に発症することが最も多く、男性よりも女性に多い。患者数は世界で250万人と推計され、米国ではおよそ40万人、日本では約1万人である。難病として特定疾患に指定されている。

発症には遺伝的要因と環境要因の関与が考えられており、比較的症状の緩やかな寛解期と、症状が再びひどくなる再発期が交互に現れ、病気は時間とともに徐々に悪化していく。感覚症状(感覚の異常)、運動症状(動作の異常)が、現れたり消えたりする。症状が不安定なのは、髄鞘の損傷、修復、再度の損傷が繰り返されるためと考えられている。 治療薬として、コルチコステロイドの短期間投与、インターフェロンβ注射などがある。コルチコステロイド(プレドニゾロン、メチルプレドニゾロン)の効果は免疫系の抑制によると考えられている。ステロイドは症状が再発している期間を短縮するが、長期にわたる身体障害の進行までは防ぐことはできない。特定の症状の治療薬として、筋肉のけいれんを緩和する筋弛緩薬(バクロフェン、チザニジン)、鎮静薬のジアゼパム、尿失禁の制御にオキシブチニン、ベタネコール、タムスロシン、痛みを和らげるために抗けいれん薬のガバペンチンなどが使われる。(2007.6.27 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan