日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

変形性関節症

 

osteoarthritis、OA、変形関節症

関節軟骨の老化や磨耗による進行性の変性がおこり、疼痛・関節のこわばり・機能障害を生じる慢性疾患。関節軟骨と周囲組織の変性に伴って軟骨および骨の新生、増殖をきたし、慢性、進行性の関節炎(滑膜炎)を二次的(続発性)に来たす。明らかな原因のない、一次性関節症,怪我や炎症等の後に生じる二次性関節症に分けられ、90%以上は一次性関節症である。中年期以降に発症、年令とともに増加し65歳以上には特に多い。男女比は1:4と女性に多い。治療薬としては、疼痛に対する対症療法として非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)があり、またヒアルロン酸や副腎皮質ステロイドの関節内注射も行われる。(2006.2.8 掲載) (2009.8.12 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan