日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

基礎代謝量

 

basal metabolic rate

生体は特別な活動をしていないときも生命維持のため、呼吸し、血液が循環し、体成分は合成分解を繰り返し、体温が維持されるなど、エネルギーを消費している。このような生命維持のために最低限必要なエネルギー量を基礎代謝量という。基礎代謝は食物摂取による代謝の増加を避けるため、食後12~15時間を経て、快適な環境温度のもとに仰臥時(覚醒)のエネルギー産出量として測定される。基礎代謝量は、皮下脂肪を除いた体重および体表面積に比例するが,実際には基準体位(身長,体重)から大きくはずれない限り,性・年齢階層別の集団の身長,体重の平均値をもとにした基礎代謝基準値を用いて算出される。(2005.10.25 掲載) (2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan