日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

培養細胞のマイコプラズマ汚染

 

 マイコプラズマは常在微生物であり,マイコプラズマ肺炎という特殊な肺炎を引き起こす.理由は明確になっていないが,4年に1回程マイコプラズマ肺炎の流行年がある.常在微生物であるが故に培養細胞に感染することもあり,感染した多くの場合には細胞を死滅させることなく細胞と共存して生存し続ける.マイコプラズマに汚染された細胞は,多かれ少なかれ遺伝子の転写・翻訳,蛋白の代謝等々様々な細胞動態に影響が出ることは確実であり,研究材料としては不適切なものである.マイコプラズマ汚染された細胞を通常の顕微鏡観察だけで検出することは不可能であり,長期培養細胞に関しては,DNA染色法等の検査を定期的に実施することが必須である.(2014.10.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan