日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

在宅中心静脈栄養法

 

Home Parenteral Nutrition、HPN

食事の経口摂取が困難あるいは不十分な患者に対して、在宅で経静脈的に高カロリー輸液(生命維持に必要な糖質,アミノ酸,脂肪,ビタミン及び微量元素を含んだ栄養液)による栄養成分の投与を行い、栄養状態を正常に保つ療法。入院生活から解放され、社会復帰の考慮も可能となる。しかし、中心静脈にカテーテルを留置したまま、患者やその家族等が輸液の交換などを行い、常時点滴をしながら日常生活を送ることになるため、留置部位の細菌汚染、カテーテルの閉塞、代謝障害等への十分な配慮が求められる。医師、薬剤師、看護師等による適切な管理・指導が重要となる。(2006.10.11 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan