日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

咳止め

 

antitussives

咳反射を抑制する薬物。咳反射は肺・気道の異物刺激による求心性インパルスが、延髄の中枢に到達し、そこから遠心性インパルスによる、正門の閉鎖、呼気に関連した筋肉の急激な収縮によって起こる。中枢の求心性刺激に対する閾値を低下させる中枢性鎮咳薬と気道粘膜の求心性インパルスの発生を抑える末梢性鎮咳薬がある。中枢性鎮咳薬には麻薬性のコデイン,ジヒドロコデイン、非麻薬性のデキストロメトルファン、ジメモルファン、クロペラスチン、チペピジン、ペントキシベリンなどがある。末梢性鎮咳薬には含嗽薬、局所麻酔薬去痰薬、気管支拡張薬などがある。(2006.6.14 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan