日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

含嗽(がんそう)

 

gargle

喉の粘膜や口腔内を清潔に保つ、または感染予防や治療のために、水や薬液を口に含み、呼気によって攪拌すること。(うがい)を含漱(がんそう)という。 含漱に用いられる薬剤を含嗽剤といい、殺菌消毒薬、抗生物質、局所麻酔剤または抗炎症薬などを主成分として、喉の粘膜や口腔内の消毒、収れん、止血、炎症性疾患の治療や予防に用いられる。剤型は、水剤、散剤、顆粒剤などがあり、水剤は一定量の水で希釈して、また散剤および顆粒剤は一定量の水に溶解して使用する。ヨード製剤、抗生物質製剤、界面活性剤、アズレン製剤などがある。(2009.7.13 掲載)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan