日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

向骨性物質

 

Bone-seeker、向骨性元素

体内に取り込まれた元素の中には、特定の臓器や組織に集積性を示すものがある。特に、骨に集積性を示す物質を向骨性物質または向骨性元素(Bone-seeker)という。P、Ca、Ni、Sr、Y、Sn、Ba、Ra、U、Pu、Amなどが骨に集積することが知られている。そのため、32P、45Ca、90Sr、226Raなどの向骨性元素による内部被曝では、造血器障害をはじめとする放射線傷害がもたらされる。成長後の骨の放射線感受性は低いが、胎児期あるいは成長期にある骨は放射線感受性が高く、成長阻害・壊死・骨粗しょう症・骨腫瘍などの晩発性障害が発生する。(2007.3.15 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan