日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

危険信号因子(デンジャーシグナル)

 

 病原体関連分子パターンPAMPsと対比してDAMPsとも呼ばれる.HMGB1,熱ショックタンパク質,細胞外マトリックス分解産物,ベータアミロイド,酸化型LDL,酸化リン脂質,二本鎖DNAミトコンドリア由来ペプチドミトコンドリアDNAなどが知られ,それ単独または他の免疫賦活化因子とともに免疫の活性化を引き起こす.主に細胞壊死(ネクローシス)を起こした細胞から放出され,急性炎症・慢性炎症の要因になっていると考えられる.近年では,遺伝学的にプログラムされたネクローシス(ネクロプトーシスとも)からの放出が多数報告されており,医学的にも注目されている.(2015.06.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan