日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律

 

The Law Concerning the Examination and Regulation of Manufacture etc. of Chemical Substances, 化審法

化学物質を分解性、濃縮性ならびに毒性の長期性から分類し、必要な規制措置を講じるための法律。ポリ塩化ビフェニル(PCB)による環境汚染および被害の発生を契機として難分解性の性状を有し、かつヒトの健康を損なうおそれがある化学物質による環境の汚染を未然に防止するために1973年に制定された。2004年4月1日より、これまでの化審法の制度を見直し、化学物質の動植物への影響に着目した審査・規制制度を導入するとともに、環境中への放出の可能性を考慮した措置を講じることとした化審法の改正が実施された。新規の化学物質の製造または輸入に際して,事前にその化学物質が難分解性などの性状を有するかどうかを審査する制度を設けるとともに,その有する性状などに応じて化学物質の製造,輸入,使用などについて必要な規制を行う.化学物質の分類としては、第一種特定化学物質、第二種特定化学物質、監視化学物質、優先評価化学物質、一般化学物質に分類される。(2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂) (2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan