日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

動脈血ガス分析

 

arterial blood gas analysis

動脈血ガス分析では、酸素分圧(PaO2)、炭酸ガス分圧(PaCO2)、pHを測定する。体中をまわった血液(静脈血)は静脈を通って心臓にもどり,右心室をへて肺へ循環し,二酸化炭素を肺胞気中に捨て,空気中の酸素を受け取る。酸素に富み二酸化炭素の少ない動脈血は心臓へ戻り左心房→左心室をへて動脈を通って全身に運ばれる. PaO2は血液の酸素化能の指標であり、正常値は90 ~ 100 Torr (mmHg)、PaCO2炭酸ガス分圧)は肺胞換気量を示し,35 ~ 45 Torrが正常値、 pH の正常範囲は7.35~7.45である。PaO2が60Torr以下の状態が呼吸不全であり、PaCO2が45 Torr以下の場合をI型呼吸不全、45Torr以上の場合をII型呼吸不全とよぶ。 血液は弱アルカリ性(pH 7.35~7.45)に保たれるように肺や腎臓で調節されている。pH<7.35(血液が酸性に傾いた状態)をアシドーシスといい、PaCO2の上昇による呼吸性アシドーシス、または血漿中HCO3濃度が低下する代謝性アシドーシスがある。呼吸性アシドーシスは肺気腫・慢性気管支炎などの慢性閉塞性肺疾患COPD)、気管支喘息、高度に進展した肺疾患、神経筋疾患における呼吸筋のマヒなどで起こりうる。pH>7.45の状態(血液がアルカリ性に傾いた状態)をアルカローシスといい、PaCO2の低下による呼吸性アルカローシス、または血漿中HCO3濃度が上昇する代謝性アルカローシスがある。(2006.5.22 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan