日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

内蔵脂肪型肥満

 

肥満は腹部のX線CT検査により、脂肪が内臓組織に蓄積する内臓脂肪型と皮下組織に脂肪がつく皮下脂肪型に分類される。内臓脂肪の面積が100cm2を越えると内蔵脂肪型肥満と診断される。内臓脂肪は皮下脂肪と比べ、食べ過ぎですぐに蓄積するが、食事制限や運動で減少しやすい。内臓型肥満は上半身型(リンゴ型)肥満に多くみられ、特にインスリン抵抗性糖尿病からくる動脈硬化症、虚血性心疾患等の生活習慣病との関連が深いと考えられている。(2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan