日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

優性の法則

 

law of dominance

エンドウの種子の形に、滑らかなものとしわがあるものの2種類存在することに着目したメンデルは、それぞれの純系を交雑することにより、子の世代(F1)の種子の形を観察した。その結果、いずれも滑らかな種子であった。このときメンデルは、F1に形質が現れるほうを優性、かくれる方を劣性と呼んだ。純系の親世代がもつ「滑らか」を表す遺伝素因をR、「しわ」を表すものをrとすると、F1世代はすべて、それぞれの親から受け継いだ遺伝素因Rrを併せ持つことになり、優性な「滑らか」の形質が現れる。このことを優性(優劣)の法則という。メンデルの法則のひとつである。ただしここで優性とは、表現型にあらわれることを指すものであって、滑らかな種子がしわのある種子に比べて優れている、というわけではない。現在では、2倍体生物において、対を成す相同染色体上に存在する対立遺伝子が異なる形質を表すとき、表現型にあらわれる対立遺伝子を優性対立遺伝子という。メンデルが示した実験結果は、完全優性を示す対立遺伝子の組み合わせであり、異なる形質を表す遺伝子が組み合わされたときに、中間の形質を示す不完全優性も存在する(マルバアサガオの花の色など)。(2006.6.29 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan