日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

便秘

 

constipation

 糞便の腸管内停滞に伴う排便回数、排便量の低下。便がつくられる過程や排便の仕組みに障害による機能的便秘と、腸そのものの病変によっておこる器質的便秘がある。機能的便秘は急性と慢性に分けられ、慢性は3つに分けられる。

 急性機能的便秘は食事、生活様式の変化(旅行など)、慢性機能的便秘には、腸の運動や筋力の低下による弛緩性便秘、腸の運動が引きつったようになり、便の通りが悪くなる痙攣性便秘、および排便の反射が弱くなっている直腸性便秘がある。  器質的便秘の原因として腸閉塞、消化管内の腫瘍や炎症などがある。その他に、麻薬鎮痛薬 (モルヒネ) の使用や抗がん剤治療(ビンクリスチン、ビンデシン、ビンブラスチン、パクリタキセル、ドセタキセルなど)に伴って便秘になることもある。  便秘の治療薬として、粘滑制下剤(ジオクチルソジウムスルホサクシネート)、膨張性下剤(メチルセルロース、カルメロース)、塩類下剤(硫酸マグネシウム)、刺激性下剤(ヒマシ油、ヒサコジル、ピコスルファート、センナ、アロエ)がある。(2005.10.25 掲載) (2009.8.12 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan