日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

代謝性症候群

 

メタボリックシンドローム、metabolic syndrome

 動脈硬化の危険因子である「インスリン抵抗性」、「動脈硬化惹起性リポタンパク異常」、「血圧高値」を重複してもつ心血管病易発症状態。シンドロームX、死の四重奏、インスリン抵抗性症候群、内臓脂肪症候群とも呼ばれてきた複合生活習慣病である。2008年4月より、特定検診制度(糖尿病生活習慣病に関する健康診査)を、40 - 74歳の中高年保険加入者に実施し、メタボリックシンドローム該当者または予備軍と診断されたものに対して、特定保険指導を行なうこととなった。厚生労働省は約2,000万人がメタボリックシンドロームと予備軍に該当すると推定している。

 日本では2005年に、日本肥満学会など8学会が定めた診断基準が使われている。 これは、内臓脂肪面積 ≧ 100平方cm (腹囲 男性 ≧ 85 cm、 女性 ≧ 90 cm)、であり且つ(1) 血圧 ≧ 130/85 mmHg、(2)中性脂肪 ≧ 150 mg/dl またはHDLコレステロール(HDL-C) < 40 mg/dl、(3)血糖値 ≧ 110 mg/dl の3項目中2項目以上を満たす場合である。(2009.11.6 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan