日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

人工力誘起反応法

 

artificial force induced reaction method;AFIR法

 人工力誘起反応法とは,量子化学計算に基づく反応経路探索法の1つである.反応物同士の間に適当な人工力をかけること(人工力関数と呼ばれる関数を極小化すること)によって,それらが結合していく反応経路を効率よく探索できる.反応物同士の様々な配向からスタートし,人工力関数の極小化を繰り返すことで,すべての合成型反応の経路を求める.本法は,様々な合成反応について,系統的に反応経路を予測することができるため,合成化学者に極めて有用な情報を提供するであろう.(2013.02.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan