日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

人工光合成

 

 人工光合成は狭い意味では,天然の光合成を人工的に再現することである.光合成は,光捕集,光合成反応中心における電荷分離,水の酸化,NADP+補酵素の還元過程から成り立っている.それぞれの過程を人工的に再現する研究は,この20年間で大きく進展した.一方,広い意味では,太陽エネルギーを化学エネルギーあるいは電気エネルギーに変換する技術全般も含まれる.例えば,有機太陽電池,太陽光を用いた光触媒による水からの水素発生,二酸化炭素還元によるギ酸,メタノールなどの液体燃料の製造がある.また,海水と空気中の酸素から太陽光を用いて過酸化水素を製造し,そのまま過酸化水素燃料電池の燃料として用いることもできる.(2017.09.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan