日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

二次救急医療機関

 

二次救急患者は、肺炎や脳炎、消化管穿孔など、手術を要したり、入院を要するが、すぐに生命には別状ない、ある程度の重症患者である。二次救急医療機関とは、地域の病院(一般の総合病院や国公立病院など)がグループをつくり、輪番制で休日、夜間に重症救急患者を受け入れて入院治療を行う医療機関をいい、原則として初期救急医療施設からの転送患者を受け入れるものである。X線装置、心電図、輸血および輸液などのための設備などの基準を満たすことが要件となっている。(2007.11.6 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan