日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

二光子励起

 

 通常,分子軌道の電子励起では,1つのエネルギー状態の変化は1個の光子吸収によって起こる.この時,光子のエネルギーと励起分子の電子遷移エネルギー(バンドギャップ)はよく対応する.これに対して,2個の光子をほぼ同時に分子が吸収することで,同様の遷移が起こる時,これを二光子励起という.光子1つ当たりのエネルギーは,通常の遷移に比べて約半分でよいので,振動数が半分,すなわち2倍の波長を持つ長波長の光によって遷移が起こる.ただし,2個の光子をほぼ同時に吸収する必要があるため,パルスレーザー光の集光など光子密度が非常に高くなる場合しか起こらない.二光子励起現象は二光子蛍光顕微鏡に応用されている.(2017.09.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan