日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

主権免責

 

sovereign immunity

 主権免責とは,国家(州または連邦)が同意なしに国内で訴えられることはない,という原則のことである.主権免責という法理は,イングランドの古い判例法によって確立され,合衆国にも継受された.合衆国憲法には,州政府の主権免責について定めが設けられているものの(第11修正),連邦政府の主権免責に関連する定めは合衆国憲法には存在しない.しかしながら,連邦最高裁は,疑う余地のない確立された法理として連邦政府にも主権免責を認めている.主権免責が認められる主な理由としては,次の2つがある.1つは,権利を創造する主体が法的な義務違反を理由に提訴されるのは背理であるというもの,もう1つは,行政の円滑な執行のために免責を放棄していない政府に対する訴訟は認められないというものである.(2010.8.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan