日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

下痢

 

diarrhea

 便の水分がはるかに多くなり、液状に近い状態(約85%が水分)になることをいう。一般に便通回数の増加、便重量の増加を伴う。下痢に伴い腹痛発熱などの症状を呈することも多い。 食べ物の消化と吸収は、小腸で行われ、水分は大腸で吸収されるが、その過程で異常が起きたときに下痢が起こる。 (1)神経過敏(心因性;腸過敏症症候群など)、(2)腸壁の変化(腸壁の炎症、潰瘍、腫瘍などにより腸壁が過敏になる)、(3)腸内容物の刺激(不消化物の機械的刺激、腐敗、発行などの化学的刺激)、(4)中毒(細菌の代謝産物、薬などが腸粘膜を刺激)などが原因で、腸運動および水分分泌が亢進することで起こる。(2005.10.25 掲載)(2009.8.12 改訂)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan