日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

三種混合ワクチン

 

DPTワクチン

ジフテリア・百日せき・破傷風の3つの病原菌に対する混合ワクチン。それぞれ、Diphtheria、Pertussis、Tetanusの頭文字をとってDPTワクチン、DPTと呼ばれることもある。

三種混合ワクチンはジフテリア不活性化ワクチン(D)、百日不活性化ワクチン(P)、破傷風不活性化ワクチン(破傷風トキソイド T)。母子免疫(受動免疫) は望めないので生後かなり早い時期から行われている。

第1期初回接種は生後3から12カ月までに3-8週間間隔で3回、毎回DTPワクチンを0.5ミリリットルずつ皮下注射。ここまでが初回接種で完了。第1期追加接種・・初回接種終了後6カ月以上の間隔をおいて接種(3歳までに、1期初回完了後1年から1年半後に1回が望ましい)。第2期は小学校6年生に1回2種混合DTとして行う場合がある(百日(P)は摂取しない)。(2008.5.14 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan