日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

一酸化炭素

 

Carbon Monooxide、CO

一酸化炭素は、常温・常圧で無色無臭の気体である。高温で強い還元作用を示すほか、常温でも遷移金属に配位して、種々の金属カルボニル錯体を形成する。有機合成の原材料としても有用で、ハロゲン化アリールにパラジウム触媒の存在下、一酸化炭素を共存させるとホルミル化が進行するように、カルボニル基などC1ユニットの付加反応に用いられる。一酸化炭素は水には溶けにくいものの、血液中ではヘモグロビンに対する親和性が酸素の約250倍高く、2価のヘム鉄に配位して、酸素運搬能を低下させる。21%酸素の空気に0.1%の一酸化炭素が混入すると、平衡状態では約半分のヘモグロビンが一酸化炭素結合型となる。ヘモグロビンの30%が一酸化炭素で飽和されると、低酸素状態を示す頻脈と心電図の変化や頭痛・吐き気・めまいなどが現れ、ヘモグロビンの50~80%が一酸化炭素で飽和されると、意識喪失から昏睡・けいれんをきたし死に至る。また慢性的な一酸化炭素中毒では、不可逆的な神経障害から認知症パーキンソン病様症状(パーキンソニズム)がみられることがある。(2007.3.15 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan