日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

レセプターサブタイプの分類

 

1つの神経伝達物質の情報を受け取るレセプターには,構造や機能の点で異なる多くのサブタイプが存在している.すなわち,神経伝達物質とレセプターは鍵と錠前の関係に例えられるが,1つの神経伝達物質はマスターキーとしてそのレセプターサブタイプのすべてに結合し多様な情報伝達を行う.

化学的情報伝達レセプターにより選択性を与えられ,またサブタイプの存在により増幅される.多くの薬物はそれぞれのレセプターサブタイプに選択的に作用するように作られている.セロトニンレセプターサブタイプは当初薬理学的特徴から分類されていたが,その構造や細胞内シグナル系が明らかにされ再分類された. [FYI用語解説(ファルマシアVol.37,No.4)より転載]


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan