日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

リグナン

 

lignan

フェニルプロパノイドの中で、C6-C3単位が2-4個縮合することにより生成する化合物群をいう。2分子のC6-C3単位から成るリグナン類は、側鎖のβ位同士が酸化的に縮合した骨格を持つ真正リグナンと、これ以外の骨格を有するネオリグナンに分類される。最近は3分子、4分子縮合体が見出され、セスキリグナン、ジリグンナンと呼ばれている。リグナンは、高等植物、特に木本植物の材に多く分布する。また、瀉下、降圧、抗腫瘍、中枢神経抑制作用などの生理活性を有するものがあり、なかでもポドフィルムの根茎に含まれるポドフィロトキシンの抗腫瘍作用は重要であり、この化合物をリードとしてエトポシドが合成され臨床で抗がん剤として使用されている。 (2006.10.17 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan