日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ユビキチン―プロテアソーム系

 

ユビキチン―プロテアソーム系はタンパク質に付加されたユビキチン鎖をプロテアソームが認識し,ATP依存的で迅速かつ不可逆に標的タンパク質を分解するシステムである.ユビキチンは,アミノ酸76残基からなり,酵母からヒトまで普遍的に存在する進化的には保守的なタンパク質である.標的タンパク質へのユビキチン付加反応はユビキチン活性化酵素(E1),ユビキチン結合酵素(E2),ユビキチンリガーゼ(E3)によって行われる.この系は不要タンパク質の分解,抗原提示,細胞周期調節など重要な役割を果たしており,この系の異常はがんや感染症などの発症に関与すると考えられている.(2007.3.22 掲載)[FYI用語解説(ファルマシアVol.42,No.10)より転載]


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan