日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ムコ多糖

 

Mucopolysaccharide

動物の粘性分泌液(mucus)から得られた多糖の総称。ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、ヘパリンなどを含む。動物の結合組織などに、多くの場合プロテオグリカンとしてグリコサミノグリカン(glycosaminoglycan、GAG)がコアタンパク質に付加した形で存在している。グリコサミノグリカンは、通常長鎖の枝分れがない、硫酸基が付加した二糖の繰り返し構造からなる。うち1つはアミノ糖(ガラクトサミン、グルコサミン)であり、もう1つはウロン酸(グルクロン酸、イズロン酸)またはガラクトースである。多数の硫酸基とカルボキシル基を持つために、強く負に帯電している。ヒアルロン酸は、プロテオグリカンとしては存在していない。(2008.4.14 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan