日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ミスマッチ塩基対

 

DNAはG,CとA,Tの互いに相補的な水素結合基を有する核酸塩基が水素結合した塩基対から形成されている.これらG―C,A―T塩基対をWatson-Crick塩基対と呼ぶ.一方,これらG―C,A―T以外にも核酸塩基の組み合わせはG―G,G―A,G―T,A―A,A―C,C―T,C―C,T―Tの8種類可能である.これら8種類の塩基対をミスマッチ塩基対と呼ぶ.ミスマッチ塩基対はWatson-Crick塩基対に比べると,熱力学的な安定性が低下しミスマッチ塩基対を含む二重鎖は,完全に相補的なDNA二重鎖と比べて低い温度で二重鎖の解離が起こる.DNAマイクロアレイでは,アレイ上の標的DNAに対して完全に相補的なDNAだけが二重鎖を形成する温度条件を用いている.DNA中では複製エラーにより生じるが,修復酵素により除去される.バルジ構造と同じくRNAにはごく普通にみられる構造である. (2006.6.22 掲載)[FYI用語解説(ファルマシアVol.41,No.11)より転載]


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan