日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ミオシン∨

 

ミオシンは最初筋肉の収縮タンパク質として同定されたが,最近の研究により18クラス(I~XVIII)のミオシンが様々な細胞に存在することが分かってきた.このクラスは,ミオシン頭部のアミノ酸配列の系統発生的分類による.

ミオシンVは,色素細胞の色素顆粒輸送や神経細胞の軸索輸送を担う輸送モーターである.N 端に運動・ATPase 活性をもつ2つの頭部,それに続き6つのIQモチーフをもつ頸部(カルモジユリン,軽鎖を結合),C 端側にCargo(輸送物)を結合する尾部がある.アクチンフィラメントと結合したあと,離れずに連続的にアクチンフィラメントの+端方向に向かって運動を続けるプロセッシブ(連続的)モーターである.[FYI用語解説(ファルマシアVol.38,No.6)より転載]


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan