日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

マクロピノサイトーシス

 

 マクロピノサイトーシスは,エンドサイトーシス細胞外物質が細胞内へ取り込まれる機構)の一種である.マクロピノサイトーシスの特徴として,低分子量Gタンパク質Racの活性化を含むシグナル伝達によって,アクチン骨格が重合し,形質膜の波打ち構造(ラメリポディア)が生じる.その形質膜の波打ち構造を利用して,細胞は通常1 µmを超える大きさで細胞外液を取り囲み,最終的に液胞を形成し,細胞内へ取り込む.特定のがん細胞において,細胞外の栄養分を効果的に細胞内に取り込むために,マクロピノサイトーシス機構が促進される場合が知られている.(2018.01.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan