日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

マイボーム腺機能不全

 

meibomian gland dysfunction:MGD

 マイボーム腺は上下の眼瞼に存在する外分泌腺で,油成分を分泌し涙液の蒸発を防いでいる.MGDはその機能がびまん性に異常をきたした状態で,慢性の眼不快感を伴うと定義され,その原因はマイボーム脂質の変性やうっ滞・慢性感染や炎症導管上皮の過角化といわれる.治療は,眼瞼の洗浄療法・温罨法が中心で,眼瞼の環境を整えるものである.ドライアイ専用メガネ,眼瞼専用のアイシャンプー,眼周囲専用温熱カイロなどのアイテムにより,治療が身近になっている.ほかに,眼瞼全体へ圧力と熱(41~43℃)を加え,眼瞼のマイボーム腺脂の溶解・圧出を行う「Lipiflow」や,マイボーム腺の閉塞を1つずつ開口していく「Maskin Probe」がある. (2014.03.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan