日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ボンフェローニ法・ボンフェローニ補正係数

 

 複数の仮説を検定する手法(多重検定法)の中で最も単純であり,同時に,最も広く用いられている方法である.複数の統計量が与えられたとき,ボンフェローニ法は,1つでも偽陽性が現れる確率(family-wise error rate)を,ある値(通常は0.05)以下に抑えるように,統計量の閾値を計算する.具体的には,N個仮説がある場合には,各統計量に関するP値が0.05/Nになるように閾値を設定する.慣習的に,P値にNを掛けて,それを補正P値と呼ぶこともある.この時の係数Nをボンフェローニ補正係数という.(2014.10.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan