日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

プロキラル

 

prochiral

 もともとキラルでない原子(分子)にある反応が進行するとキラル原子(分子)になる場合、元の原子(分子)をプロキラルという。よって、プロキラルとは、キラルの一歩手前、というような意味である。sp3原子で2つの置換基が等しく、他の2つの置換基が異なる場合(下図I)、等しい二つの置換基が他の置換基とも異なる置換基に変換されるとキラル原子となりえるので(下図II)、プロキラルという。sp2原子への付加反応でも同様のことがある。(下図IIIからIV)(2006.1.20 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan