日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ブロッカー

 

antagonist

受容体に結合はするが、それ自体では受容体を活性化させず、またその結合によって本来結合すべき生理活性物質と受容体の結合を阻害し,生体応答反応を抑制する薬物。アンタゴニスト受容体と結合しても、受容体の立体配座の変化はひき起こされないか、あるいは立体配座の変化が大きすぎるため生理活性物質とは反応できなくなる。医薬品として重要なものが多い。 (2005.10.25 掲載) )(2009.1.16 改訂)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan