日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

フリット構造

 

 カラムの両端に配置されているフィルターのこと.フィルターの孔径を移動相や試料は通過できるが,充填剤は通過できないように設定することで,移動相を加圧して送液した時にカラムから充填剤が流出するのを防いでいる.カラムを作製する際には,まず片端にフリット構造を有する細管に他端側から充填剤を充填する.充填が終わると,その端の部分にフリット構造を作製することで,2つのフリット構造で充填剤を挟み,固定する.汎用カラムでは焼結フィルターが用いられているが,内径の細いカラムでは,焼結フィルターを目的の場所に配置することが難しいため,光反応によって調製された多孔質体等も利用されている.(2010.12.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan