日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ファーマコフォア

 

pharmacophore

ファーマコフォアとは、医薬品のターゲットとの相互作用に必要な特徴を持つ官能基群と、それらの相対的な立体配置も含めた(抽象的な)概念である。医薬品は生体構成成分であるターゲットと結合(相互作用)することによりターゲットの機能を制御する。この相互作用を形成するために医薬品の官能基とターゲット側の官能基が立体的位置関係も含めて相補的関係になっている。よって、同じターゲットの同じ部位に結合する医薬品は活性発現に必須である共通の立体的・電子的特徴を持つ官能基群を持っており、これをファーマコフォアという。ファーマコフォアをもとに新規医薬品をデザインすることが可能である。(2006.1.20 掲載) (2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan